TOPページFXサービス > GEMFOREX
GEMFOREX
更新日 2019年11月24日

目下、利用者数急伸中のFXサービスがGEMFOREXです。破格の入金ボーナスや狭スプレッド、自由で負担のない出金手段、そして、万全の日本語サポートで、利用者の信認を得ながら知名度を拡大させています。GEMFOREXを端的に表現するなら、「便利でお得」でしょう。以下説明していきます。

オールインワンとノースプレッドの2種口座を用意しており、合計5口座まで開設可能です。NDD方式をメインとして採用しており、オールインワン口座、ノースプレッド口座、共にECN方式で運用されています。

1口座あたりの残高が、200万円もしくは2万米ドル未満のレバレッジは1,000倍、200万円もしくは2万米ドル以上のレバレッジは500倍で、倍率は変更できません。

強制ロスカット水準は、証拠金維持率20%です。

インセンティブ

GEMFOREXと言えば、破格のボーナスです。新規口座開設時と入金時の2種類あり、どちらもオールインワン口座が対象です。新規口座開設ボーナスは、期間により金額が変動しながら、継続提供しています。

キャッシュバック(CB)なしのイントロデューシング・ブローカー(IB)経由登録やGEMFOREX直接登録による新規リアル口座開設時、口座の基本通貨が、円は10,000〜20,000JPY、米ドルなら100〜200USDのボーナスとして獲得できます。

そして、オールインワン口座では入金に対するボーナスがあり、2週間に1回ほどの頻度で数日間のキャンペーンを開催しています。入金ボーナスキャンペーン対象者は抽選で決まるため、期間中毎日対象になったり、期間中全く対象にならない事もありえます。

1回(3日間程度)の入金ボーナスキャンペーンで、顧客1人あたり100万円を上限に、入金額の100%分が付与されます。例えば、キャンペーン対象時に100万円を入金し、100万円のボーナスを受け取れば、有効証拠金は200万円となり余裕ある取引ができます。

ボーナス付与上限額に達しても、次回の入金ボーナスキャンペーンで対象になると、新たに100万円の獲得枠が設定されますので、入金を前提に、ほぼ隔週で100万円のボーナス獲得が抽選により可能なのです。顧客にここまで特典を与えるFXサービスは、GEMFOREX以外にありません。

30日以内に出金していた場合、ボーナス付与率は50%となります。4月1日が出金日、4月2日が振込処理日の履歴だとします。出金手続日が出金した日付となりますので、月初からの入金キャンペーン対象なら、出金から30日目の5月1日が50%、5月2日以降は100%のボーナス付与率になります。

ただし、相場のチャンスが到来、GEMFOREXの入金ボーナスキャンペーン対象となったが、前回出金日から30日以内という場合でも、自信があるなら躊躇なく入金・取引を実行すべきだと思います。50%でも十分なボーナスです。

入金ボーナスキャンペーンを開催していなくても、GEMFOREXには1,000倍のレバレッジがあります。キャンペーン開催の有無を意識しすぎて入金をためらい、明らかな相場のチャンスを逃してしまったという事があってはならないと思います。

逆の事も言えます。入金ボーナスキャンペーンで100%ボーナスを獲得したため、取引したいという衝動を抑えられず、相場が混沌としているのに、有効証拠金が増えたという理由だけで次々とポジションを保有するのは、強制ロスカットの確率を高めるだけです。

ボーナスがあろうとなかろうと、取引で肝心なのは、冷静な相場分析力なのです。

GEMFOREX口座タイプ

上記表にはありませんが、キャッシュバックサイト(CBS)経由の登録口座では、新規開設・入金いずれのボーナスも対象外となります。

もし、GEMFOREXに初めて口座を設ける際、CBS経由で開設してしまうと、以後、GEMFOREX直接登録で口座を開いたとしても、新規口座開設ボーナスを受け取れなくなってしまうので、最初は必ず、GEMFOREX直接登録(CBなしIB経由登録を含む)で口座を設けましょう。

ボーナスは現金への変換が不可で、ボーナス自体は出金できず、そして、出金時に全部消失します。GEMFOREXのアカウントでは、ボーナスはすべて「クレジット」と表現しており、残高の一部でも出金すると、保有している全口座からクレジットがすべてなくなり0になります。

あくまでも、出金できるのは、入金額や取引による損益額の範囲内での現金残高です。

また、GEMFOREX直接登録(CBなしIB経由登録を含む)のオールインワン口座にあるボーナスは、ノースプレッド口座やCBS経由登録口座への移動が不可で、同ルートでの資金移動時に消失します。この際の移動ルートにより、消失するボーナス額は異なってきます。

GEMFOREX直接登録(CBなしIB経由登録を含む)のオールインワン口座残高から、一部でもノースプレッド口座へ移動すると、出金と同じ扱いで、保有している全口座からクレジットがすべてなくなり0になります。

GEMFOREX直接登録(CBなしIB経由登録を含む)のオールインワン口座残高から、一部でもCBS経由登録によるオールインワン口座へ移動すると、口座残高に占める移動額の割合で、移動元口座のクレジットが減少します。

ボーナス対象口座であるGEMFOREX直接登録(CBなしIB経由登録を含む)によるオールインワン口座から、GEMFOREX直接登録(CBなしIB経由登録を含む)によるオールインワン口座への資金移動時のみ、口座残高に占める移動金額の割合でクレジット額を移動可能なのです。

最大3,000倍のハイレバレッジで知られるFBSでは、入金ボーナスを受け取る口座はレバレッジ500倍に制限したり、強制ロスカットレベル計算でクレジット額を有効証拠金と認めなかったり、ボーナス獲得に伴う制約を設けていますが、GEMFOREXは、入金ボーナスを得てもレバレッジは1,000倍のまま、細かい制約のないシンプルなボーナス制度になっています。

ボーナスの量・質の面で、GEMFOREXがNo.1だと言えます。

スプレッド

GEMFOREXの外国為替取引コストがあまりにも低いので、時期を変えて3人の同サービス担当者に、「本当にDD方式ではなくNDD方式ですか」と聞いたのですが、3人共回答は、「オールインワンもノースプレッドも、顧客からの注文をダイレクトに電子証券取引所で約定させるECN方式」でした。

GEMFOREXのウェブサイトでは、DD方式の問題点を掲げ、NDD方式を推奨していますので、「GEMFOREXはECN方式」を信じていいと思います。とにかく、追証なし・約定拒否なしで安い取引コストは、投資家にとってメリットでしかありません。

オールインワン口座には新規開設・入金のボーナス特典がある一方、ノースプレッド口座にはボーナス特典がありません。その代わり、ノースプレッド口座では狭いスプレッドを提供しています。

オールインワン口座も、日本国外で各FX会社が提供するボーナス特典ありの口座より狭いスプレッドになっています。

通常、狭いスプレッドの口座に対し、各FX会社は手数料を設けて顧客に提示し、利益確保を図りますが、GEMFOREXには、そうした手数料がありません。国外FX会社の中で、GEMFOREXは、外国為替取引コストがトップレベルの安さとなっており、ノースプレッド口座の取引コストは、日本のFX会社に匹敵するほど低いのです。

GEMFOREXは、オールインワン口座のスプレッド平均値を公表していません(公表しているのは特定時刻の参考値)ので、ノースプレッド口座のみで分析します。

スプレッド

GEMFOREXによると、ノースプレッド口座の平均スプレッドは、USDJPY、EURUSD共に0.3pipsとなっています。

つまり、米ドル・円は1米ドルあたり0.003円、0.1ロット(以下1万通貨)往復取引で30円、1ロット(以下10万通貨)往復300円、10ロット往復が3,000円のコスト、ユーロ・米ドルは1ユーロあたり0.00003米ドル、0.1ロット往復取引で0.3米ドル、1ロット往復3米ドル、10ロット往復が30米ドルのコストという事になります(表の円換算は1米ドル105円で計算、小数点以下は四捨五入)。

オールインワン、ノースプレッド口座の両方共、手数料は0円です。なお、取引コストとして、スワップ金利が別途必要な場合があります。

なお、上記のノースプレッド口座における、米ドル・円とユーロ・米ドルの平均スプレッド数値は、2019年9月27日時点のGEMFOREX情報に基づくものです。この数値は変動する可能性がありますのでご了承ください。

GEMFOREXのノースプレッド口座は、「ポイントは要らないから、とにかく、安い取引コストにしたい」という人に最適です。「入金ボーナスキャンペーンの対象期間中は、オールインワン口座に入金して取引。キャンペーン以外の日は、ノースプレッド口座で取引」という具合に使い分けるのも賢い方法です。

長期間利用なしの口座、入出金

GEMFOREXでは一定期間利用がない場合、口座維持費が発生、ボーナスは消失します。

GEMFOREXウェブサイトの保有口座リストページにおいて、取引履歴情報を提供していませんので、MT4プラットフォームの履歴タブをクリックし、最終取引日の定期的チェックを行い、必要な口座だけを残す様にしましょう。GEMFOREXにEメールで削除希望の口座番号を通知する事により、開設済み口座の削除ができます。

1月1日、4月1日、7月1日、10月1日の年4回の各時点で、非取引日が連続90暦日(3ヶ月間)となったリアル口座については、1,500円(米ドル建て口座は15米ドル)の口座維持費が課金されます。

そして、非取引日が連続365暦日(1年間)となったリアル口座は、凍結されて取引ができなくなります。凍結された口座のボーナスは、すべて消失します。

非取引日のカウントは、ポジション保有・決済の取引が全くない日から90暦日を数えます。入出金や口座間資金移動、ログインは取引行為になりません。

なお、残高ゼロの口座に維持費が課される事はありません。凍結された口座で取引を再開したい場合は、その旨をGEMFOREXにEメールで連絡後、問題がなければ同口座での取引が可能となります。

入金方法として、GEMFOREXが設けている日本の銀行口座への振込、クレジットカード、仮想通貨のビットコインやイーサリアム送金、そして、オンラインウォレットのPerfect Money(米ドル建て口座のみ)、PAYEER(米ドル建て口座のみ)、ZOTAPAY、STICPAYがあります。出金方法では、顧客の銀行口座への国際送金、ビットコイン送金があります。

入金方法がクレジットカードの場合、カード画像とカードを持った本人の写真をアップロードしたうえで、GEMFOREXに認証されていなければ出金できません。

ボーナスだけを源泉とした取引により出金する場合や、入金後、全く取引せずに出金する場合は、4,500円の手数料が発生します。

出金時、入金元への返金という制度がないため、出金額がそのまま、入金方法に拘束されない資金として確保できます。また、出金方法が日本の銀行への送金であれば、手数料は完全に無料、顧客側の負担金は一切ありません。こうした、自由で負担のない出金手段は、他の著名なFXサービスにはありません。

FXでは、投資状況や相場によりますが、いつでもポジションを保有しえます。また、投資方法によって資産評価額が大きく変わりえます。FX口座にある残高は、いつ、どうなるか分かりません。そのため、出金して初めて、確定利益を自分のものにできるのです。出金の容易さは、投資の勝負を左右すると言っても過言ではありません。GEMFOREXは、勝つ口座として、大いに活用できるでしょう。

GEMFOREXは、1口座あたりの残高が200万円未満なら、レバレッジが1,000倍固定ですので、トップページで記した様に、相場状況に合わせたポジションで、証拠金維持率をコントロールする事が重要になります。そのため、ある程度FX投資に慣れた人に向いています。

しかしながら、量・質ともに優れた入金ボーナスや安い取引コストは、誰にとっても魅力です。FXに慣れていないがGEMFOREXで取引したいという方も、FX投資の心得を守り、一定の運用益の出金を心掛ければ、便利でお得なGEMFOREXは欠かせない存在になるでしょう。

GEMFOREXのメリットを知らない投資家は、まだまだ多いですが、それだけ大きなポテンシャルがあります。今後、GEMFOREXがどこまで成長するのか楽しみです。

Copyright © 2019 FX運用術,All rights reserved.