TOPページ > FXサービス
FXサービス

FX会社を選ぶ際、第一に考えなければならないのがリスク回避です。偶発的価格変動により、口座残高以外に支払負担が発生しうる追証制度は、FX投資で最大のリスクです。

追証なしのゼロカットシステム(マイナス残高リセット)は、安全にFX取引をする上での最低条件だと言えます。この条件を満たすのは、必然的に海外のFX会社になります。

日本のFX会社は、ディーリングデスク(Dealing Desk、DD)という自社ディーラー(コンピュータの場合もある)の裁量で顧客注文を処理するDD方式が一般的です。顧客向け為替レートの決定権を有するFX会社と顧客との相対取引が前提となっており、OTC(Over The Counter)方式とも呼ばれます。

DD方式は、「顧客対ディーラー」の取引構図のため、顧客の損失がFX会社の収入を支える事になり、ディーラーにとって都合の悪い為替レートでの約定を拒否する事もあります。

一方、ほとんどの海外FX会社は、DDを介さず、世界の金融機関が参加する巨大なインターバンク市場で顧客注文を取引させるNDD(ノーディーリングデスク、No Dealing Desk)方式を採用しています。NDD方式は、さらに、ECN(Electronic Communications Network)方式とSTP(Straight Through Processing)方式に分類されます。

FX会社が、米国の電子証券取引ネットワークであるECNを通し顧客注文を約定させるのがECN方式です。小口注文だとECNでの約定が困難な場合がありますので、通常、FX会社の選択肢としてSTP方式も用意します。

FX会社が、カバー先と呼ばれる取引先(銀行などの金融機関)と契約し、顧客注文分をカバー先との取引で約定させるのがSTP方式です。

ECNやカバー先という、FX会社外部の公正なインターバンク市場で価格を決めるNDDの方が、DDより取引の信用性が高いのです。

DD方式は、顧客に対しスプレッド(買値と売値の価格差)幅を狭く提示できますが、インターバンク市場に依拠しているNDD方式は、DD方式の様に狭くできません。ECN方式の顧客から徴収する手数料やSTP方式のカバー先レートに加算したスプレッドが、NDDを採用するFX会社の収入を支えているからです。

しかし、顧客が損失を回避し末長く取引を重ね資産を増やしていく事が、NDD方式を採用するFX会社にとっての最大のメリットとなるため、海外のFX会社は、顧客に対する様々なインセンティブを用意します。追証なしも、そのインセンティブの1つなのです。

特徴あるFX会社が世界に展開されている中で、投資家の便益性という総合的見地から、取引口座として活用したいFXサービスを以下に紹介します。

詳細はFXサービス名をクリックして下さい

世界最大のインターネット専門FXサービス。海外FX業界トップレベルの日本語サポート体制。

NDD方式をメインとして採用するFX業界で最安水準の取引コスト。ほぼ2週間おきの入金キャンペーンも魅力。

Copyright © 2019 FX運用術,All rights reserved.